2018新茶祭りまであと1週間

「ティーファーム牧之原」山崎氏のおかげです。、

2018年、3月17日(土)「新茶祭り:牧之原のお茶師さんたちと一緒に新茶をもんでみませんか」を開催予定しています。あと1週間ですが、ハウスの中ではよく管理された綺麗な新茶芽が育っています。

通常ですと、牧之原の早場所でも4月20日近辺の摘採なのですが、1月からビニール掛けをし、ボイラーを使用して温度コントロールをすることで、3月のイベント開催日に合わせてドンピシャ生育をコントロールするのです。今日の作業は、被覆資材をかけて遮光することで、芽伸びを緩慢にするとともに、うま味と色を新茶芽に乗せていくのです。「山崎マジック」さすがです。

3月17日当日は、牧之原台地の中心部にあるJAハイナン茶業センター(茶ぐりん)において「新茶祈願祭」を行い、賑やかにいろいろなお愉しみの出店もある中で、新茶の製茶体験ができます。牧之原の若いイケメン茶師が皆さんをお待ちしています。

ハウス茶園の手摘み体験も楽しみのひとつです。ハウスまでは茶ぐりんからバスで送迎。9時30分「茶ぐりん」出発予定です。

また、スペシャルメニューを盛り込んだ、そふと研究室さんのお茶ツアー「お茶師の仕事体験ツアー」も開催。

お問合せは、新茶まつりに関しては、主催「牧之原市茶業振興協議会」0548-53-2631に、

ツアーに関してはソフト研究室さんのホームページをのぞいてみてください。http://soft-labo.net/modules/tour/index.php?lid=132&cid=1

SAMURAI teafarm    牧之原山本園

牧之原台地伝統の「特蒸し茶」(深蒸しをさらに深く蒸した茶)、香りにこだわる「べにふうき和紅茶」、新製茶技術により特殊製造された「香り緑茶」を牧之原大茶園で作っています。明治2年、牧之原台地に入植した徳川幕臣であったご先祖様が台地に茶を植えてから、代々大切に茶園を守り育てています。

0コメント

  • 1000 / 1000