愉しい夢をみて

開拓茶農協では、優良品種「やぶきた」から夢品種「みなみさやか」に改植します。

昨日2泊3日の宮崎研修から帰りました。静岡ではほとんど導入されていない「みなみさやか」なので、宮崎県品種「みなみさやか」のうまれ育った宮崎で、枝の仕立て方法、香り特性を生かした製造方法について研修してきました。

今日は改植現場に戻り、定植床の石拾い、たい肥散布、超緩効型のロング肥料散布、撹拌、 マルチ掛けの作業を行い、茶農協のみんなで汗を流しました。皆さんに感謝。

明日、宮崎から苗が届きそうです。18日から20日まで、お客様に参加して頂いて茶改植体験イベントをやります。

たひ肥は、島田市初倉の山名さんとこの完熟牛ふんたい肥です。山名さんは牧之原開拓幕臣子孫の会の仲間で、ご先祖様は明治の開拓で苦労を共にした「さむらい魂」を共有するソールフレンドです。

米つくりでは品評会で賞をとる吉田の大石君が、マルチを敷くトラクターをもって応援に駆けつけてくれました。大石君は、開拓茶農協の1等茶師です。

SAMURAI teafarm    牧之原山本園

牧之原台地伝統の「特蒸し茶」(深蒸しをさらに深く蒸した茶)、香りにこだわる「べにふうき和紅茶」、新製茶技術により特殊製造された「香り緑茶」を牧之原大茶園で作っています。明治2年、牧之原台地に入植した徳川幕臣であったご先祖様が台地に茶を植えてから、代々大切に茶園を守り育てています。

0コメント

  • 1000 / 1000