和紅茶の祭典 in 銀座

teaholics の山内さんが主催する和紅茶の祭典今年で2回目ということで、牧之原山本園では初めての東京イベントでした。新潟から富士美園(飯島さん)、埼玉から心向樹(川口さん)、岐阜からなべしま銘茶(田中さん)、静岡からカネトウ三浦園(三浦さん)、カネロク松本園(松本さん)、釜いり茶柴本(柴本さん)、鈴木茶苑(鈴木勝彦さん)、マルヒ製茶(鈴木英之さん)、京都から和束紅茶(杉本さん)、長崎から大石農園(大石さん)、熊本からお茶のカジハラ(梶原さん)、福岡からゆげ製茶(弓削さん)、純日本紅茶合同会社(中峰さん)、宮崎から宮崎茶房(宮崎さん)、鹿児島からねじめ茶寮(後藤さん)、香輝園(川口さん)計18名の生産家及び販売店さんと三井農林さん、そしてゲストに、私もお世話いただき尊敬する和紅茶の先駆者、丸子紅茶の村松二六さんという豪華メンバーが参加しました。チョコレートやお菓子の専門家の方やティーインストラクター、ティーアドバイザーの方々ともお話することができて、面白かった。


お客様の人気投票の結果牧之原山本園の「べにふうき焙煎和紅茶」が1等賞を頂きました。

水出し和紅茶をメインにお出しするイベントということで、長年培った焙煎技術を駆使して作ったものです。実はちょっぴり自信がありました。皆さん投票ありがとうございました。

SAMURAI teafarm    牧之原山本園

牧之原台地伝統の「特蒸し茶」(深蒸しをさらに深く蒸した茶)、香りにこだわる「べにふうき和紅茶」、新製茶技術により特殊製造された「香り緑茶」を牧之原大茶園で作っています。明治2年、牧之原台地に入植した徳川幕臣であったご先祖様が台地に茶を植えてから、代々大切に茶園を守り育てています。

0コメント

  • 1000 / 1000